更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

tag:代表戦

<< Prev Page Next Page >>

★ お気に入りブログ等の最新情報

1 :影の軍団ρ ★:2010/09/14(火) 17:25:27 ID:???0
菅直人首相(63)が民主党代表に再選された。2週間の激しい選挙戦は幕を降ろすが、
これでノーサイド・挙党一致とはなりそうにない。中傷・スキャンダル合戦などで、
所属議員らは疑心暗鬼に陥り、菅陣営と小沢一郎前幹事長(68)の陣営との亀裂は深まるばかりだ。

今後、報復や粛正人事が行われるのは必至で、党分裂が現実味を帯びてきた。
「小沢一郎の息の根を止める。側近らもさらし首だ」(菅陣営中堅)

「一気に世代交代だ。小鳩(小沢氏と鳩山由紀夫前首相)の時代は終わった」(同若手)
代表選の最中、菅陣営からはこんな発言が漏れた。選挙後の焦点は
「菅首相が挙党態勢を築けるか、否か」 だが、とてもそんな雰囲気ではない。

菅首相は2日の公開討論会で「私は一貫して『適材適所で全員が参加できる態勢』と言ってきた」
と述べ、挙党態勢の構築を掲げているが、人事は相当難しい。
挙党態勢の構築には、小沢氏を要職で起用することが不可欠だが、菅首相は「脱小沢」
「反小沢」を掲げる仙谷由人官房長官(64)や野田佳彦財務相(53)、前原誠司国交相(48)らに
担がれており、小沢氏を「カネとポスト」を握る幹事長では起用できない。

一方、小沢氏も実権のない名誉職などを提示されても妥協はできない。
このため、内閣改造・党役員人事に合わせた「粛正リスト」も、ささやかれ始めている。
名前が挙がるのは、 小沢氏支持に回った原口一博総務相(50)や山田正彦農水相(68)、
樽床伸二国会対策委員長(51)ら。 そして、究極の粛正候補は、小沢氏自身だ。

政治評論家の浅川博忠氏は「ここまで激しい代表選をやると、シコリや亀裂は簡単には解消できない。
焦点は、菅首相が人事で挙党態勢を組めるかだ。将来、小沢陣営が党を割ることもあり得る。
政党助成金の配分を考えると、年末にもあるかも。自民党や公明党、他の野党も巻き込んだ、
政界再編につながる可能性は十分ある」と語っている。(抜粋)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100914/plt1009141653007-n2.htm
 


6 :名無しさん@十一周年:2010/09/14(火) 17:27:04 ID:PnsbZk/r0
内ゲバこえええええwwwwwww
  
 
 
252 :名無しさん@十一周年:2010/09/14(火) 17:45:46 ID:acP7YriA0
>「小沢一郎の息の根を止める。側近らもさらし首だ」

どこのテロリストだよwww
 
 
4 :名無しさん@十一周年:2010/09/14(火) 17:26:58 ID:OUnK5V4X0
これからが地獄の始まりですねw

 
[菅陣営「小沢一郎の息の根を止める。側近らもさらし首だ」]の続きを読む
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon