更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

tag:手法

<< Prev Page Next Page >>

★ お気に入りブログ等の最新情報

タグ: TV 番組 CM 広告 手法 | このエントリーをはてなブックマークに追加
元スレ:http://mnewsplus/1541079630/
1 :Egg ★:2018/11/01(木) 22:40:30.29 ID:CAP_USER9.net

テレビの「視聴率」の意味は時代とともに変わっている。かつてのテレビ局にとって視聴率はスポンサーを
説得するための絶対の営業ツールであり、テレビマンが胸を張って誇るための「物差し」だった。
 だが、時代とともにリアルタイム視聴率は低下の一途を辿り、10%を超えれば大ヒットで、
一桁も当たり前。冬の時代を迎えたテレビ界はいま、現状打開のために「新指標」として、
録画再生の視聴割合を指す「タイムシフト視聴率」を導入。従来の視聴率だけでなく、
1週間の「タイムシフト視聴率」を合算した数字をもとに、スポンサーと広告代理店、
テレビ局が取引することになった。

 各局では新指標を元にした変革が起こっている。たとえば各局は新たなドラマ枠を新設し、
“ドラマ重視”の姿勢を鮮明にする。各局の編成担当は、たとえコストパフォーマンスが悪くとも、
ドラマ、映画、アニメといった「録画でじっくり見たい番組」を増やそうとしているのだ。

 一方で、新指標を意識した番組作りが現場の混乱を生んでいる例もある。
あるクイズ番組スタッフが嘆く。

「『録画でもCMを飛ばされない構成にしろ』と上から言われるのですが、どうしたらいいのかが
まったく分からない。『答えはCMの後で』とやるのが従来の手法でしたが、
答えを待つ視聴者が、早送りできるCMを見続けるわけがない」

 元NHKの番組ディレクターで次世代メディア研究所の鈴木祐司氏が語る。

「視聴率を分析すると、こうした番組は逆にCM中にチャンネルを変えられやすい傾向があります。
あからさまなCM誘導は、視聴者を逆にイライラさせてしまうんですね。こうなると、
『答えはCM明け、という手法もやめろ』と言われかねない」

※週刊ポスト2018年11月9日号

2018年11月1日 7時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15529412/
 
 
2 :名無しさん@恐縮です:2018/11/01(木) 22:41:50.12 ID:zjtyZYUp0.net
まだまだ続くよ!もなくしてくれ

 
399 :名無しさん@恐縮です:2018/11/02(金) 05:37:35.94 ID:bqklDUI80.net
>>2
それ昭和の時代からあるよな 

 
435 :名無しさん@恐縮です:2018/11/02(金) 06:29:27.30 ID:sj3T3CvB0.net
>>2
確かに最後の最後に肝心なことが待ってる時があるけど、
そこにたどり着くまでにCM2分が続けて3回くらいあったりして
こうなるともうリアルタイムで視聴したくなくなるんだよな 
 
 
472 :名無しさん@恐縮です:2018/11/02(金) 07:23:15.40 ID:y5SWhAh70.net
>>2
まだまだ続くよ!
この後◯◯登場!

ただの次回予告

これな

 
9 :名無しさん@恐縮です:2018/11/01(木) 22:45:47.15 ID:JIressnq0.net
このあと〇〇登場!が2~3回あってから〇〇が出てくるようなのが一番嫌い。 

 
[【テレビ】「答えはCMのあとで」が無くなる模様wwww]の続きを読む
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon