更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

tag:日経

<< Prev Page Next Page >>

★ お気に入りブログ等の最新情報

2ちゃんねるブログ
News,動画

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414939277/
1 : チキンウィングフェースロック(福島県)@\(^o^)/:2014/11/02(日) 23:41:17.33 ID:NH16CSCa0.net ?PLT(14098) ポイント特典

 
 日本経済新聞が9月下旬に行った調査では、20~40代の働く未婚の男女で、
実際に婚活サービスを利用している人は1割だった。婚活という言葉は
一般的になったといえ、まだまだとまどいを感じる人は多い。使い勝手はどうなのか。
働く女性の1人として、実際に8月下旬から利用中の記者が正直な内幕をつづる。

 31歳、東京都在住、マスコミ系――。

 これが、ある結婚相談所の会員向けネット上で表示される、記者のプロフィルだ。
「性格は良くも悪くもおおらか」「海外旅行が好き」といった自己紹介文が続き、
詳しく見れば、喫煙や宗教の有無、両親や兄弟の
職業や最終学歴まで分かるようになっている。だが、肝心なのは写真だ。

 記者の場合、残念ながら容姿でアピールできるものは多くない。
写真は相談所が契約しているスタジオでプロに撮ってもらっただけあって
だいぶ良く写っているが、ものには限度がある。

 年齢については「若いから喜ばれますよ」というのが相談所の評価だ。
婚活サービスを利用している女性は30代が最も多く、40代が続く。男性は40代が中心なので、
30代になりたてというのは若い部類だろう。相談所によると、男性が若い女性を好むのは
「子供が欲しい」という理由もあるらしい。

 さて、こうした自身の条件で約2カ月「戦った」結果はこうだ。
こちらからのお見合い申し込み23件に対して、OKの返事をもらったのは3件。
先方から申し込まれたお見合いは5件だ。こちらから断ることはしないので、
計8件がお見合い成立件数になる。まともに考えればめげそうになる勝率だ。
婚活は途中でやめてしまう人は、このあたりに理由があるかもしれない。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78989950Y4A021C1000000/?dg=1 

 
6 : エルボードロップ(チベット自治区)@\(^o^)/:2014/11/02(日) 23:45:25.33 ID:/nAaO7cX0.net
2ヶ月で8件が悪い数字って思えるのがもうね

 
772 : ラダームーンサルト(東日本)@\(^o^)/:2014/11/03(月) 22:59:05.24 ID:5p6q7IIc0.net
>こちらからのお見合い申し込み23件に対して、OKの返事をもらったのは3件。
>先方から申し込まれたお見合いは5件だ。こちらから断ることはしないので、
>計8件がお見合い成立件数になる。まともに考えればめげそうになる勝率だ。

すげーじゃねーかw
もっと喜べよ!
0件に対して、0件の俺をなめんな!



4 : スターダストプレス(福岡県)@\(^o^)/:2014/11/02(日) 23:43:24.73 ID:+sz76q9e0.net
31歳って時点でチェンジだわ
 

5 : フランケンシュタイナー(アメリカ合衆国)@\(^o^)/:2014/11/02(日) 23:45:10.06 ID:E1FiWJF/0.net
35くらいまでなら結構人気あるらしいよ
ただ自信満々のマスコミ系はモテないと思う
 
 
161 : キングコングラリアット(WiMAX)@\(^o^)/:2014/11/03(月) 00:55:56.62 ID:9n+f/hmP0.net
>男性は40代が中心なので、30代になりたてというのは若い部類だろう。

ダウト!40代の男性も18歳~25歳ぐらいを望んでます
 
 
[日経記者(31)「私のキャリアなら婚活なんて余裕w」→9割弱の男から拒否られプライド崩壊]の続きを読む
1 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2008/04/25(金) 07:43:46 ID:???0
休日、近所の銭湯に足を運ぶことがある。
たっぷりのお湯に浸ればこの世の憂さも忘れるからか、意外にファンが多い。
この間は、湯気のなかでご同輩が秋川雅史さんの「千の風になって」を朗々と歌い上げるのを
楽しませてもらった。

こういう話を書き始めると、例の歌詞を持ち出したくなる。
私のお墓の前で……。おっと、ここは用心しなければならない。
音楽は著作権で守られ、曲も詞も使うには制約がある。
それを管理して使用料を徴収しているのが日本音楽著作権協会(JASRAC)だ。
方々に目を光らせ、ちょっとコワモテである。

▼この団体が放送局と結んでいる契約は、
著作権ビジネスへの新規参入を阻んでいる。こんな疑いで公正取引
委員会が調査に乗り出した。1曲いくら、ではなく包括的にお金を集め、
著作権者に配分する仕組みだ。便利なやり方ではあるが新しい事業者が
入り込む余地がなく、市場はほぼJASRACの独占という。

▼著作権の重みは論をまたない。
しかし1つの団体だけが自らに都合のよいルールの下で自在に振るまっているとすれば
フェアじゃない。そもそも音楽は作り手のものであるとともに世間の人々の共有財産。
風呂場で高唱するオジサンあってこそだろう。旧弊を破り、
音楽市場にも「千の風」を吹かせてもらいたい。
 


ソース(日経新聞・春秋) http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20080424AS1K2400124042008.html 





[私のお墓の前で……おっと、ここは用心しなければ。JASRACが方々に目を光らせている]の続きを読む
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon