更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

tag:神隠し

<< Prev Page Next Page >>

★ お気に入りブログ等の最新情報

2ちゃんねるブログ
News,動画

1 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/24(日) 14:09:06.58 ID:k+sYITf40 ?PLT(12000) ポイント特典
童歌「通りゃんせ」に隠された恐ろしい秘密。子供が“神隠し”にあう理由が語られる

昔から伝えられ歌い継がれてきた子供の遊び歌である童歌の歌詞には、意味不明のものや、よく考えると恐ろしいものが多い。
映画『七つまでは神のうち』は、童歌「通りゃんせ」に込められた恐怖について描いている。
警察の資料によると、日本国内の行方不明者は毎年1万人以上。
その理由が「通りゃんせ」の歌詞の中で語られているのだ。

『七つまでは神のうち』
10年前の事件を機に心を閉ざした繭は、学校にも通わず、教会で祈りを捧げる毎日。
ある日、不審なワゴン車の車内に、少女が囚われていることに気づく。
そのことを父に告げ少女の救出のために車を追跡する。その頃、複数の失踪事件が――。

子供は神様の所有物だから“神隠し”によくあう
本作は、ある母親が「通りゃんせ」を歌いながら赤ん坊をあやすシーンから始まる。
この「通りゃんせ」の歌詞には深い意味がある。

注目すべきは「この子の7 つの お祝いに お札を納めに まいります」という部分。
昔は、乳幼児死亡率の高く、子供が7歳まで生きることが難しかった。
そのため、無事な成長を願うために、赤ん坊が生まれた直後、紙を人型に切ったものや
氏神のお札を神棚へまつり、7歳までの守り神とするという儀式が行われたそうだ。
この映画では、それを「身代わり」と見て、「7歳までは子供は神様のもの。
いつでも天に連れて帰られてしまう。その代わりに人型やお札を捧げている」としている。
“神隠し”にあうのが子供が多いのは、この理由からなのである。本作、『七つまでは神のうち』も、
7歳の子供が森に遊びに行ったきり消えてしまう。

“神”は必ずしも“救い”を与えてくれる存在とは限らない
“神隠し”を中心にして、様々な方法で人が消えて行く様を本作は見せてくれる。
「出かけたまま帰ってこない」「天狗にさらわれる」「殺人犯に襲われる」
「呪いで消える」、失踪してしまう原因は様々である。そして、本作で
一番強烈な描写と思われたのは、これらの失踪に対して“神への祈り”が全く通じないこと。

後略
http://news.livedoor.com/article/detail/5728877/

 
 
22 :名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/07/24(日) 14:18:09.10 ID:rSaEPkHzO
やっぱりだれも解明できないのかな。
てか寧ろ何も隠れてないのけ?


 
194 :名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/07/24(日) 16:55:09.46 ID:qAw/Qnsw0
神隠しって本当にあるのかな


 
50 :名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/07/24(日) 14:29:12.76 ID:SYeEUfxM0
こういうのはあまり知らないほうが良いぞ。
冗談じゃなくて、調べているだけでも酷い目に合わされる可能性があるし。

 
[本当は怖い「通りゃんせ」 神隠しに潜む闇]の続きを読む
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon