更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

tag:聖火リレー

<< Prev Page Next Page >>

★ お気に入りブログ等の最新情報

2ちゃんねるブログ
News,動画

1 : モノリス(栃木県):2008/04/27(日) 09:27:21.45 ID:tcLEeqQA0 ?PLT(12001) ポイント特典 株優プチ(news)
「フリー・チベット」。対する一方は「がんばれ中国」。
英語や中国語の叫び声が激しく行き交う騒然とした信濃路を、
北京五輪の聖火リレーがゆっくりと走った。

 冬季五輪を開催した長野が聖火を迎えたのは10年ぶり。
チベット問題をめぐり善光寺が出発地を返上して日本国内の関心も高まったが、
心配された騒ぎや混乱は小規模にとどまった。まずは良かったと思う。

 にらみ合いや小競り合いも起きたが、大事にはいたらなかった。
チベット人の人権を守るよう訴える人たちも、五輪の支持を叫ぶ中国人のグループも、
興奮の中にも冷静さを保とうとする姿がうかがえた。 (以下略)

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
 


3000人以上もの警察官が動員された北京五輪の長野聖火リレーは、
小さな妨害行為はあったものの、予定通りの18・7キロを4時間かけて走った。
聖火は次のソウルに引き継がれた。

 ではあるが、誰もが「よかった」と思ったかどうか。答えは、否だろう。
(略)

 しかし、地元の長野市民らは聖火の出発地点には立ち入れず、
ロープやさくで仕切られた沿道から「聖火護送」のようなリレーを見守るしかなかった。
何のための聖火リレーなのか。国際オリンピック委員会(IOC)は重い課題を背負った。

 留学生らの言動はおおむね、中国政府が内向けに力説する
「愛国主義の理性化」に忠実だった。問題は、聖火を独占するかのような集団行動である。
あれでは共感は呼ばない。(以下略)

http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080427/oth0804270336002-n1.htm
 




[【聖火リレー】 朝日「いやー良かったよかった」  産経「よくねーよ。なんだあの茶番は」]の続きを読む
1 : イスラエル軍(聖火リレー):2008/04/21(月) 20:30:40.22 ID:NWqr14cBP ?PLT(12010) ポイント特典
26日に行われる北京五輪の聖火リレーで長野市の実行委員会は21日、
出発地を辞退した善光寺に代わって市有地の
長野県勤労者福祉センター跡地を新しい出発地点とすることを決めた。
 
 善光寺本堂から南西へ約850メートルの地点。当初予定された
コースや距離を大きく変更せずに済む点や警備上の観点などから、
現在は更地となっている私有地を新しい出発地点とした。

 当初、出発地点に予定されていた善光寺は18日、文化財や信者の安全、
チベット騒乱で仏教者が弾圧されたことなどを理由として、
市実行委事務局に出発地の辞退を申し入れた。

 鷲沢正一市長は、善光寺の事態を受けた会見で「いったん受け入れたリレーは粛々とやる。
代替候補は4カ所ほどある」と表明。市実行委が同センター跡地などを候補に検討を進めていた。

http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080421/oth0804211202027-n1.htm 

viploader626261




[聖火リレー出発地的は善光寺から空き地(刑務所跡地)に変更になりました]の続きを読む
1 : マジシャン(もも):2008/04/12(土) 13:24:02.91 ID:3oOvSOQD0 ?PLT(12000) ポイント特典 株優プチ(news)
 
もはや何のために行っているのか分からなくなってきた北京五輪の聖火リレー。
英国・ロンドンに続き、仏・パリでも大暴動になり、なんだか障害物レースみたいだった。
そんな中、目を引いたのが、青と白の帽子をかぶり、トレーニングウエア姿で
ランナーを取り囲んで伴走する“異様”な集団だ。一体、何者なのか。

「北京五輪組織委員会に雇われ、聖火ランナーを24時間守るために派遣された
『聖火防衛隊』です。中国全土から集められた精鋭の兵士のようで、
身長180センチ前後、筋骨隆々で、1日40~50キロ走ってもヘッチャラと身体能力はバツグン。
36人が拘束されたロンドンには、約10人の防衛隊員が投入されました。ランナーのトーチが
男に奪われそうになった場面では、地元警察よりも機敏に反応し、男をブン投げていた」(中国事情通)

日本では26日に長野市で聖火リレーがある。野球の星野仙一日本代表監督やアテネ五輪
競泳金メダリストの北島康介らが走る。彼らも「聖火防衛隊」に守られることになりそうだ。

駐日中国大使館の担当者が言う。
「あれは防衛隊じゃない。単なる警備員だが、来日の可能性はある。
人数は北京五輪組織委から連絡がなく分からない。
やたら強い? 聖火を守る警備員だから当然だ」

ヘタに聖火に手を出すと、ガタイの大きい兵士にクビをへし折られかねない。
抗議活動は、くれぐれも平和的に……。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000010-gen-ent







 
[「近づく者はクビをへし折る」 中国・聖火防衛隊のものすごい実力]の続きを読む
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon