更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

tag:身勝手

<< Prev Page Next Page >>

★ お気に入りブログ等の最新情報

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/20(日) 22:55:00.99 ID:YLzu3nQE0
必死に値引きを要求してくるババア
勘弁しろよ…




[今 ま で 働 い て て 一 番 困 っ た 客]の続きを読む
1 : 入院中(福島県):2008/02/07(木) 06:57:09.87 ID:opUwPUL60 ?PLT(12008) ポイント特典 株主優待
「この犬をお願いします」

関東地方のある市の保健所。60代の男性が生後1週間の雑種犬3匹を持ち込んできた。
「子犬たちは処分されるんですよ。それでもいいんですか?」。
考え直してほしい…そう願いを込めて説得する職員。
しかし男性は「私の勝手でしょう」と冷たく言い放った。

実は男性は数年前から毎年のように、飼っている犬や猫をここへ殺処分に持ち込んでいた。
数が増えすぎて手に余ると施設に頼る、という繰り返しだったのだ。
なかなか引き取ろうとしない職員に、男性は顔を赤くして詰め寄った。

「なんで受け取ってくれないんだ!」。
職員も拳を握りしめ、負けじと言い返す。
「去年も持ってきたじゃないですか。避妊手術をしてくださいと、
あれほどお願いしたじゃないですか!」

しかし、男性は平然とうそぶいた。

「自然のままに育てるのが私の主義なんだ。傷つけるなんて、かわいそうじゃないか」

男性がどんなに理不尽であっても、保健所は結局、受け取らざるをえなかった。
「動物の愛護及び管理に関する法律」第35条で、地方公共団体は
所有者の求めがあれば犬、猫を引き取らねばならないと義務づけられているからだ。
別の職員は「本当は『連れて帰れ!』といいたいですよ。
でも、今の法律じゃできないんです」と唇をかんだ。

日本では子供の数よりもペットの数の方がはるかに多い。
そして、“ブーム犬”という現象は日本だけのものだという。
「自分勝手な飼い主たちと、それに乗じた一部の悪質なブリーダーのせいで、
動物たちがひどい目に遭っています。死ぬまで面倒をみる覚悟があるのか、
動物を飼える環境にいるのか、そういう“当たり前”のことを動物を飼う前にきちんと考えてほしい」

(抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080206-00000951-san-soci 



 
[「避妊費用もったいない」「飽きた」…ペットの命をポイ捨てする身勝手な飼い主たち]の続きを読む
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon