更新情報とか呟きとか。「Twitter」始めてみました

★ お気に入りブログ等の最新情報

2ちゃんねるブログ
News,動画

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 01:46:38.34 ID:DbF77HDj0
今日は2月14日、またの名をバレンタインデー。
一般的には、女子から男子へチョコレートを渡す行事だけど…、別もまた然り。
女子から女子へ、女子から男子へでも、義理と名付けて渡せば、
いわゆる“友チョコ”というやつになる。
私が渡す相手も、自分と同じ女の子だ。

勿論、つかさやみゆき達にも渡すけど…、そいつに渡すチョコは特別。
作り方をネットで調べ、つかさにも一切手伝ってもらわず、みんなのとは別に一
生懸命作った。

 

 


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 01:53:01.47 ID:DbF77HDj0
コレは“友チョコ”にはならないから、“本命チョコ”とでも言おうか。
…いや、そりゃまあ、恋人同士の関係にある訳だから、
実際問題“本命”になる訳だけど。
練習しただけあって、我ながら上手くできたと思う。
 
 


で、そこまでが昨日の話。

今は、作戦決行の為に日下部達とお昼を食べている。

「はい、みさちゃん。ブラウニー食べたいって言ってたよね?
美味しいかどうか分からないけど…」

そう言って、可愛らしくラッピングされているブラウニーを
怖ず怖ずと差し出す峰岸。

「お、待ってましたー!あやののブラウニーはンまいんだよなー。」

こいつもまあ、心底嬉しそうな顔しちゃって。
まあ、日下部からしたら専属パティシエが居るようなものだもんな。
…私もつかさが居るから、似たようなもなだけどさ。





 



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 01:54:39.20 ID:DbF77HDj0
それにしても、美味しそう。
私もこれくらい上手く作れたらなー…
――…っと、浸っている場合ではない。
そろそろ作戦決行の時間だ。

こなたには予めメールを送っておいたし、
後は邪魔が入らずうまく二人きりになれれば…。

自分達の世界に入っちゃっている二人を残して、チョコを手に取り私は待ち合わ
せ場所である屋上へと向かった。

うー…、ドキドキする。
去年はみんなも居たし、まだ親友という立場だったから何とか渡せたけど。
その後、こなたが良からぬ妄想をしたり…、うん、良い想い出だ。

そんな事を考えながら、屋上への階段に足を掛けた時だった。







8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 01:56:24.90 ID:DbF77HDj0
「それ……な…」

「……ま…から……さ…が…」

微かに話し声が聞こえる。
こなたと…誰だろう。
悪いと思いながらも、ギリギリまで近づいて聞き耳をたてる。

「ずっと前から、こなさんが好きだったんです!話も合うし、優しいし…、何よ
り強いし。あ…、あの、良かったら…良かったら、私を人生のパートナーにして
下さいッ!」


………は?
今、何つった。
こなたが好き?
人生のパートナー?
ふざけてんじゃないわよ!
こなたは私と……







10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 01:57:59.67 ID:DbF77HDj0
「え、本当に?!いやぁ、私も前の人と別れちゃったとこだったからさ、
丁度良かったよ。それにしても、私は何時の間にフラグを…」

こな…た…?私達、別れてなんか…ないじゃない…

「そうなんですか…?う、嬉しいです…。私じゃ役不足かもしれませんけど、こ
れからよろしくお願いしますね!」


うそ、うそ…嘘よ……


「はいよ、こちらこそ~」

「あ、じゃあ、あとコレ…どうぞ。今日はバレンタインだし、先輩の為に焼いて
きたんですよ。」

「いやぁ、悪いねぇ。わざわざありがとう。」

呼吸をする事さえ忘れ、その場に立ち尽くす事しかできない。
涙は耐えず流れてきて、止まる事を知らない。

「いえ、先輩が喜んでくれるなら!それじゃあ、私そろそろ戻りますね。
またメールします。」

「うん、ばいばーい」









13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 01:59:48.59 ID:DbF77HDj0
やばい、こっちに来る。
どうしよう、こんな顔じゃこなたに逢えないし…
何より、今から降りて行っても間に合わない。

仕方ない、こうなったら屋上で彼氏に電話をする女生徒を演じよう。

次の瞬間、私は咄嗟に携帯を取り出し開き、耳にあてた。
見知らぬ女生徒が降りてくるのと同時に、震える声を抑え、
それらしき言葉を発してみる。

「ち、ちょーお腹へったしぃ!私早く昼食とスイーツ(笑)食べたいんだからさぁ
、早くしてくれない?で、用件って何よ。…は?浮気?浮気してんのはアンタで
しょーが!ふざけんじゃないわよ、私がどんな気持ちでチョコ…チョココロネ…
作ったと……ひっく…」

「かが…み?」

「……え?あ、こなた…?ちょ、」

泣いていたのがバレないようにと、出来る限りさりげなく鼻水を啜る。







15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:01:40.86 ID:DbF77HDj0
そう言いながらドンドン近づいてくるこなた。
口ではあんな事を言ってるが、実際は全く怒っていないのだろう。
声色からも、それが伺える。

しかし、今は顔を合わせたくない。
それどころか、喋る事さえ億劫だ。
――…聞きたい事は、沢山あるけど。

「わざわざこんな所に呼び出して、用事ってな…」

「く、来るな来るな来るなーっ!」

すぐ後ろまで来ていたこなたに顔を見られまいと、咄嗟に叫んだ。
…のは良いんだけど。

「………」

「………」





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:02:49.40 ID:DbF77HDj0
そうだ、こいつが私の言う事を聞く訳がない。
来るな、と言ったにも関わらず、こなたは遠慮なしに私の目の前に
つったって居た。

「かがみ…泣いてたの…?」

そう言って、心配そうな表情を浮かべ私の顔を覗き込んでくる。
でも、答えてなんかあげないんだからね。

「……」

「かがみ?」

「……」

「むぅ、何で黙ってるのさ。」

「……」







19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:04:01.92 ID:DbF77HDj0
「かがみ。」

「……」

「かがみん。」

「……」

「きょうちゃん。」

「……」

「うさちゃん。」

「……」

「ちょっとアンタ、黙ってないで何とか言ったらどうなのよ!(ハルヒの声真似)


「……」

「んー…、こいつは強敵だ。」





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:05:43.44 ID:DbF77HDj0
こなたが懸命に語り掛けてくる間も、私の脳内では先程の光景、会話がリアルに
映し出されていた。
そしてまた、涙が頬をつたう。

「わ、ちょ、かがみ?!本当にどうしたの?」

別れたって何よ。
私はいつから過去の人になった訳?

「な、泣かないでよー…」

料理が出来ない奴はあんたの隣に居ちゃいけないの?
趣味が合わなきゃあんたの隣に居ちゃいけないの?
ツンばっかな私はあんたの隣に居ちゃいけないの?

「か、かがみー…。何か言ってくれなきゃ分からないよ…」

ごめんね、私ハンカチ持ってないから。
と続けると、こなたは制服の袖口で私の涙を拭ってくれた。







23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:07:08.80 ID:DbF77HDj0
「…なた」

「うん?」

「こなた…こなたこなた……こなたぁぁぁ!」

私が座っている所為もあって、今だけ自分より身長の高い恋人に抱きつき、
ひたすら泣いた。

「ちょ、かがみん。…本当にどったの?タミフル服用者の一人だったとか?…
寝てる間に飛び降りたりしないでね。」

「ばっ、馬鹿…!そんな……ひっく…そんな訳、っ…あ、あるかっ!」

「いやいや、分からないよー?もしかしたら、薬も偽造されてるかもだしねぇ。


「…っく……、ひっく…あ、ありえないわよ…っ!」
「うーん、泣きながらもキッチリ突っ込むかがみ萌え」

「うっ……うるさい、馬鹿。」







26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:09:41.93 ID:DbF77HDj0
こいつのおかげで、だいぶ落ち着いてきた。
このマイペースさも、たまには役に立つんだな。
そんな事を思いながら、私はこなたの胸に顔を埋めた。

「…事件は現場で起きてるんじゃない!会議室で起きてるんだ!
ちゃ、ちゃ、ちゃ、ちゃらん♪」

「……」

「はい、てな訳で事情聴取~。まず、お名前は?」

「……」

「……お名前は?」

「柊…かがみよ。知ってるでしょ?!」

「…スルーしたけど結局折れるかがみ萌え」

「うっさいわね、そんな事言うならコレ付き合ってあげないわよ!」








28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:11:28.10 ID:DbF77HDj0
「ご、ごめんなさいかがみ!――…こほん。では、続きを。えー…、貴方はこ
こで何を?」

「屋上に…行こうとしてたのよ。」

「なーぜー?」

「あ、あんたと約束してたからでしょうが!」

「では、何故ここにとどまっているのですか!何故泣いていたのですかあぁあ!」

「誰だよアンタ。」

「良いから続けて。(小声)」

「……」

「おや、話せませんか?何かやましい事でも?」

「…ち、ちがっ!ていうか、それは…アンタの方じゃないの?」

「え、何故に私がっ!?私はいつだってかがみオンリーなのだよ。」

「…白々しい、よくそんな事言えるわね。」

こなたから身を離し、鼻を軽く啜ったところで真正面の人物を見据えながら
言葉を紡いだ。







29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:14:00.36 ID:DbF77HDj0
「えっと…、かがみ、言ってる事がよく分からないよ。」

「私とはもう別れた気でいるんでしょ?ていうか、別れたんでしょ?
それに、あんたにはもう新しいパートナーが居るんでしょ?
自分を好いてくれる人なら、誰だって良かったって訳!?」

「ええ?ちょ、落ち着いてよ。私にはそんな人居ないし、
それに別れてなんて…」

「もう良いわよ!勝手にすれば?どーせ料理下手よ、
デレ部分も上手く出せないわよ、甘え下手よ、高3にもなって
ツインテールよ!何が悪いのよ!こなたの…こなたの馬鹿っ!」

そう言って、手に持っていた小箱をこなたに投げ付ける。

「うわ、ちょ、あぶなっ」

…あっさりキャッチされたけどね。





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:14:34.07 ID:DbF77HDj0
これ大丈夫か?
こなかが需要あるか?






31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:16:04.50 ID:RoETaNY/0
>>30
いいから早く続きを!!!11


>>31
その一言が私を勇気付けます。






38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:24:10.46 ID:9Uz3wFggO
こなたんかわいいよこなたん
需要あるから続けてくれ!携帯から支援

>>38
ありがとう(´;ω;`)ブワッ

 



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:17:05.99 ID:DbF77HDj0
「……ぐすっ…」

「ふぃー…。今ので分かったよ、かがみ。踊り場での私達の会話、
聞いてたんでしょ?」

「……き、聞こえたのよ!」

「まあ、そんなのは何でも良いんだけどね。」

「なっ…!」

「勘違いしてるみたいだから言うけど、あれはネトゲでの話。最近仲良くなった
子なんだけど、PCのアドレスも交換してさ、リアルの事とか話していくうちに、
同じ学校って事が分かったんだよね。」

「……そんな、漫画じゃあるまいし…」

「世間は狭いのだよ、かがみん。――…それでね、かがみからメールくる前に、
その子から屋上の踊り場で逢いましょ~ってメールがきた訳ですよ。
そして見事に私達は巡り合った。ついでにクッキーも貰っちゃった。」

そう言うこなたの表情は、いつも通りのものだった。
あほ毛も心なしかいつもよりピンと立っている気がする。










36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:19:52.43 ID:DbF77HDj0
「…それが、どうやって人生のパートナーとかに繋がるのよ。大体、あんた…
好きとか言われてたし……ま、前の人とも…別れたって…」

「私とその子で崩れゆく世界を救えるかもしれないんだよ!?そりゃあ、
パートナー選びは重要ですよ。…それに、私の前の嫁は
「もう引退するから」とか言って辞めちゃったしさー」

お前も受験生なんだから早く辞めろよ、と思ったけど口には出さないでおいた。

「………」
 


「まあ、そんな訳だよ。誤解は解けたかな?かがみんや。」

こなたがニヤニヤしながら訊ねてくる。
畜生、私の早とちりか…。
こなたを…愛する人を、疑い、勝手に泣き喚いた私が凄い馬鹿みたいじゃない。

ごめんね、こなた…。






37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:22:16.26 ID:DbF77HDj0
「そ、そう…。わ、悪かったわね…」

「いやいや、良いのだよ。良いもの見せてもらったしね。それに、
この事でかがみも私への愛を再確認出来たんじゃないのかな、かな?」

「うっ…、うっさい!調子に乗るな!」

「素直にうん、て言えないかがみ萌え」

「黙れ!」

「…あ、それより、これ何?私のだよね?開けても良いの?」

「い、良いけど…。」

リボンを取り、包装紙も破れないようにと丁寧に取っていくこなた。
うわ、恥ずかしい…。








40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:25:17.10 ID:DbF77HDj0
「え、これ…コロネ?」

「そ、そうよ。バレンタインだからって、普通のチョコやケーキじゃつまんない
し…。あ、あんたコロネ好きでしょ?だから……」

「かがみーー!愛してるー!さすが私の嫁ぇぇぇ!」

「ぐっ…!ちょ、そんなの大声で叫ぶな!」

タックルしてきたかと思えば、ちゃっかり私の膝の上に乗っかっている。
そして例のごとく親指を突き立てて笑みを浮かべている。
全く、可愛い顔しちゃってさ…。
私の機嫌も、いつの間にか戻っている。
本当、私の宥め方上手いんだから、こいつは。

「だってー!コロネだよ、コロネ!しかもデカイ…!直径20cmくらいあるね、
これは。」

「し、仕方ないでしょ?!何だか、膨らみすぎちゃって…」

「やっぱりどこかで失敗するかがみ萌え」

「パン共々握り潰してやろうか…」

「その前に私からの熱いキッスだー!」

猫口をタコ口にして、顔を近付けてくるこなた。
雰囲気のカケラもない。







44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:31:48.68 ID:DbF77HDj0
「ちょ、待ちなさいよ。学校で…」

「んー」

あと3cm…



あと2cm…



あと1cm…





『百合百合ユリゆりゆり
 薔薇薔薇バラしょって♪
 百合百合ユ…』ピッ



「ちょっとパティ、何やってんの!」

「Oh、sorry!メールきましタ」







45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:35:58.93 ID:DbF77HDj0
「きました、じゃないってば!ていうか、先輩も空気を読んでほしいっス…。
気付かれたら、せっかくのネタが…!」


「ひよりん、パティ…何してるのかな…?かな?」

「覗き見とは…良い趣味してるじゃない。」

「「ひっ…ゆ、許してくださいぃぃいい」」

「「待てぇぇぇ!」」


~Fin~







46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:37:44.46 ID:AscmIbRT0
GJ!
なかなか面白かったよ。ありがとう

俺もかがみ大好きだぜ
 

 



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:39:18.88 ID:RoETaNY/0
>>1
乙!!
是非続きが読みたいものだw
 

 



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:38:43.31 ID:DbF77HDj0
最後gdgdでスマン
切りどころが分からなくて、こんな感じになってしまったorz
見てくれてた人はありがとう!


さぁ、日付けが変わって明日はバレンタインだ。
気を紛らわす為にも、お前等もこなかがSS投下しようぜ…

一日早いけど、HAPPY VALENTINE\(=ω=.)

 

 



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/13(水) 02:39:56.52 ID:SIwRdQhw0
http://kyotoanimation.shop-pro.jp/?pid=6562200
 
>>49
1500円…
京アニぼろ儲けだなwwww
今から予約してきますね(´・ノ・`)
 


【らき☆すた バレンタイン・キッス】
http://jp.youtube.com/watch?v=3oT8b0Tx08k

 
記事ランキング&コメント


週間人気ページランキング

20位以下ページランキング

月間ランキング
◆ 【月間ランキングまとめ】 - 2009年1月 2009年2月 2009年3月 2009年4月 2009年5月 2009年6月

年間総まとめ

人気記事まとめタグ (シリーズ記事一覧を見る事ができます)


コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/13(水) 16:58 | URL | No.:2985
    かがみんテラ萌ヱスwwwwwwwwwwwwwww
  2. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/13(水) 17:42 | URL | No.:2987
    >>49
    これは欲しい
  3. 名前:名無しビジネスVIP #- | 2008/02/13(水) 19:21 | URL | No.:2991
    ひよりキャラソン着信音吹いたわww
  4. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/14(木) 03:00 | URL | No.:3005
    >49のやつとか要らないだろwww
    買ったら余計虚しくなると思うわ、多分オナニー終わった後の虚しさの比じゃない
  5. 名前:あ #- | 2008/02/14(木) 03:00 | URL | No.:3006
    >49のやつとか要らないだろwww
    買ったら余計虚しくなると思うわ、多分オナニー終わった後の虚しさの比じゃない
  6. 名前:角川工作員 #qcsCbVx. | 2008/02/14(木) 11:58 | URL | No.:3017
    http://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/c.cgi?sss=2876bc7200a4af499e18776a7ed4fb11&id=779122

    ネットこそこそ話題作りすなよ!
  7. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/14(木) 13:45 | URL | No.:3021
    >ネットこそこそ話題作りすなよ!

    はいはいわろすわろす
  8. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/15(金) 02:47 | URL | No.:3054
    これは良いこなかが

    着信音吹いたww
  9. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/15(金) 13:24 | URL | No.:3063
    続きマダー?
    かがみん可愛いよかがみん
  10. 名前:名無しビジネス #- | 2008/02/15(金) 20:06 | URL | No.:3076
    続編があるとしたらホワイトデーだろうな
    どっちにしろわくてかww
コメントを投稿する

Comment:


★ ランダム記事


TB
この記事のトラックバックURL
http://workingnews.blog117.fc2.com/tb.php/722-2d642a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
さて、本日かがみんのあのシーンをいったい何人が見たのか…。 ・柊かがみのバレンタインデーのようです。 これだよ。これがかがみんなん...
2008/02/14(木) 22:49:23 | 周玄堂
Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート ,CSSplay Icons by Fast Icon